• トップ /
  • 妊娠中に足がつる時の対策

妊娠中足がつったらこう対処する

妊娠期は足がつることがよくあります。以前はほとんどなかったのに、しばしば足がつるようになったという妊婦さんもいます。それでは妊娠すると足がつりやすくなる理由とはなんでしょうか。またどのような対策があるでしょうか。足がつる理由としてはミネラル不足、血行不良、筋肉の疲労などが挙げられます。妊娠するとお腹の赤ちゃんに栄養を摂られます。母体のカルシウムやマグネシウム、ナトリウム、カリウムといったミネラルが不足すると、血液中のミネラルイオンのバランスが崩れ、筋肉が痙攣をおこしやすくなります。また妊娠してお腹が大きくなると、血管が圧迫されて血液が流れにくくなります。血流が滞ることでミネラルやビタミンなどの栄養が十分いきわたらず、筋肉の緊張をもたらしてしまうのです。その他、妊娠してお腹が大きく、重くなってくると、それを支える下半身に大きく負担がかかるようになります。そのため足の筋肉にも疲労が蓄積し、筋紡錘がうまく機能しなくなることで、ふくらはぎにある筋繊維が縮むことで足がつる症状が起きます。予防対策としては、ミネラル豊富な食事を摂ること、長時間外出することは避け、ゆっくり休むこと、冷えないように注意しマッサージなどをおこなって足に疲労が蓄積しないようにすること、などが考えられます。足がつってしまった時の対策としては、つま先をあげてふくらはぎを伸ばし、治まるまで待つようにします。足首を回すのも効果があります。

バックナンバー

妊娠の深い情報

↑PAGE TOP